保育士になろう!保育士の仕事について知りましょう

保育士とはどんな仕事

保育士とは未就学児の年齢の子供を預かり、面倒を見ると同時に教育をも担っていく仕事です。基本的に保育士資格が必要です。大学や短大で資格を取得したり、今では通信講座でも資格を取得できるようになってきたので、比較的取りやすい資格ではあります。今は夫婦共々働いている共働きの家庭も多くあります。両親が働いている間、子供の面倒を見てくれる人が必要です。そのような時には保育園に子供を預けることになります。その保育園にきちんと資格を持っている保育士さんがいることは、親にとっては安心して子供を預けることができる基準となります。

保育士とはどのようなことをするのでしょう

保育士は、親が働いている間の時間に子供のことを面倒をみるだけでなく、子供の成長のための教育もしていかなくてはなりません。食事や着替えなどの生活に必要なことが自分でできるようになるように促したり、健康な身体にするために身体を使って遊んだり、表現力や想像力を引き出すようにものづくりをしたり本の読み聞かせを行ったりします。子供の成長は一人一人違います。それぞれの子供の成長に合わせて指導をしていく必要があります。

保育士として働いてみよう

保育士として働くには求人情報誌などで調べてみるのも良いですが、保育園に求人があるかを問い合わせてみると良いでしょう。また、親の仕事によって早朝保育や延長保育をしている保育園も多いので、働き方はさまざまです。子供が好きで、一緒に遊ぶことのできる人、子供の安全を見守るために目を配ることができる人が良いでしょう。産休や育休は比較的取りやすい環境にあるので、出産後も働くことは可能なところが多いです。いろいろと調べて保育士として自分が納得して働ける場所を探してみましょう。

保育士の求人が多い理由は圧倒的な人材不足にあります。待機児童など聞いたことはあるでしょうか。子供に対する人が足りない現状を打破する必要があります。