これだけは気にしたい!マンスリーマンションのあれこれ

マンスリーマンションは初期費用が安い

近年、マンスリーマンションが都会を中心に増えています。マンスリーマンションが増えている理由は、いくつかありますが、その一つが初期費用が安いことです。普通の賃貸であれば、家賃の5ヶ月分ぐらいかかる初期費用ですが、マンスリーマンションの場合には、敷金や仲介手数料がないため、その分初期段階での負担が少ないのです。また、保証人が必要ない点も大きな特徴と言えます。保証人がいない人でも住めるため、ありがたいでしょう。

長期的に住んだ方が安くなる

マンスリーマンションは、家賃が安く設定してありますが、短期間で退去をするよりも、長期的にそこに住んだ方が安くなるのです。マンションによっても異なりますが、短期間にたくさんの人を入居させるよりも1年以上は住んでもらった方がオーナーとしても収入が安定するからです。1年住み続けたら、家賃が1割引きになる料金プランを設定している所もあるくらいです。もし、長期的に住むことができるなら、できるだけ長期的に滞在しましょう。

設備が整っているのも魅力

マンスリーマンションの魅力のひとつに、家具や電化製品がすでに用意されていることがあります。家具は、タンスやテーブル、椅子・ベッドなどがあります。一方、電化製品は、テレビ・電子レンジ・ポット・ドライヤー・洗濯機などが用意されています。例えるなら、ビジネスホテルに生活感あふれているような感じです。そのような、設備が予めついていますので、引っ越しの時は乗用車に入れられるぐらいの荷物の量になり、引っ越し代がかなり安くなります。

マンスリーマンションの契約の時期について悩みがあれば、実績のある管理会社や不動産会社にお世話になることが大事です。